2016年08月26日

一人暮らしに癒しになる短足可愛いネコちゃんマンチカン



マンチカン 〜短足子猫の物語〜 [DVD] -
マンチカン 〜短足子猫の物語〜 [DVD] -

かわい過ぎる短足猫の兄妹「茶太郎」と「きなこ」

7650xtkyekws80okgkk0kkgoc.jpg


2xpv3d96ala8wcsc0skscsk84.jpg

嘆息犬の「コーギー犬」のことはよくご存知ですよね。


短足に愛らしい顔に加え、遊ぶのが大好きなわんぱくな性格が可愛さを倍増させています。


知らなかったんですが 猫にも短足種がいるんですよ。


「マンチカン」といって、交配によるものではなく、自然発生的に生まれた猫種です。


なかなかそのかわいさが想像できない人もいるかもしれないですね。


超絶かわいいマンチカンの兄妹「茶太郎」と「きなこ」は可愛いよね、


リタイヤしたら一日中いっしょに遊べる。











AMERI [アメリ]|まつげ美容液タリカ(TALIKA)公式 まつ育サービス











モッピー!お金がたまるポイントサイト






人気ブログランキングへ



にほんブログ村






posted by ユーミン at 23:32| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

「金無心され…」42歳息子の首絞め殺害 容疑の74歳父親逮捕

働いたら負け|僕がニートになった理由 -
働いたら負け|僕がニートになった理由 -


「金無心され…」42歳息子の首絞め殺害 容疑の74歳父親逮捕 大阪府警



22日午後3時15分ごろ、大阪府枚方市香里ケ丘の民家で、

「息子を殺した」と男の声で大阪府警枚方署に通報があった。駆けつけた署員が、

住人の無職、八木英俊さん(42)が2階洋室の布団の上で仰向けの状態で死亡しているのを発見。

家にいた父親が殺害を認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。

逮捕されたのは無職、八木昭彦容疑者(74)。調べに対し、

「息子が金の無心をするので殺した。20日昼ごろ、寝ている息子の首を絞めた」などと供述しているという。

同署によると、八木容疑者は妻(72)と英俊さんの3人暮らし。妻は寝たきりの状態だったといい、

遺体を司法解剖するとともに詳しい動機を調べる。


「金無心され...」42歳息子の首絞め殺害 容疑の74歳父親逮捕 大阪府警、というわけです。

無職の自宅警備の息子が父親により処分されたいう話らしい、

殺した爺さんは寝たきりの婆さんの面倒も見ていたわけで、そら、殺したくもなるわって事です。

恐らく働かないイイワケを延々と垂れ流す、ニートのそんなイイワケは親父には通用しないんだけどね

それにしても、カーチャン寝たきりで老々介護なのに息子はニートで金無心かよ

なんか間違ってるよな、人間ってなんなんだろうね

穀潰しの中年ヒキニートに苦しんでいる親御さんたちはきっと多いんだろうね。










AMERI [アメリ]|まつげ美容液タリカ(TALIKA)公式 まつ育サービス











モッピー!お金がたまるポイントサイト






人気ブログランキングへ



にほんブログ村












posted by ユーミン at 18:01| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

「ふるさとワーキングホリデー」って働いたら休暇じゃない

休暇中に地方で働く「ふるさとワーキングホリデー」制度が

「わけが分からない」と物議 総務省に話を聞いてみた




総務省が、都市部の若者が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキングホリデー」

制度を2017年にスタートする、とマスコミ各社が報道。ネット上で「休暇に働くってどういうこと?」

「わけがわからないよ」と物議を醸しています。

報道によると「ふるさとワーキングホリデー」は、都市部在住の若者が長期休暇を使って、1週間〜1カ月ほど地方の製造業、農業などに従事する制度。人口減が進む地方の人手不足解消や消費の押し上げ、移住促進などの狙いがあるとされています。

これに対し、ネット上では「休暇に働くというのは矛盾」「労働力を安く使おうとしているだけでは」と批判が。田舎暮らしを体験できる制度として受け入れている人もいますが、若者へのデメリットを主張する声が大きいようです。

また、本来のワーキングホリデーは休暇を楽しむことがメインであり、労働はその資金を得る補助的な位置付けだとする指摘も。「ふるさとワーキングホリデー」は働くことに重点が置かれており、そもそも趣旨が異なるとしています。

総務省の担当者に電話で話を聞いたところ、実際の内容と報道は一部異なるとのこと。例えば、滞在期間は仕事の内容、受け入れ側の意向によって変わる可能性があり、現段階で同省が断言することはできないそう。まだ話が決まったばかりで、分からないことが多いというのが実情のようです。

「将来的には報道にあったように人手不足解消、移住促進などの効果が見込めるかもしれない」としつつも「現在はそこまで考えてない。都市部の学生が地域の人々と交流したり、職業体験したりする国内版ワーキングホリデーのスタートアップ支援をするのが目的」だとしています。


chisanchisyou.png


休暇中に地方で働く「ふるさとワーキングホリデー」制度が「わけが分からない」と物議というわけです。


最近の若者は、仕事するのが嫌なので、早くセミリタイヤしたいと「働いたら負け」の奴が多いのに


「ふるさとワーキングホリデー」だって、働いたら休暇じゃないだろが


田舎の農業などを手伝いに行く制度だっていうんだが、帰って来たら肩たたきだよ


何が悲しくて、わざわざ休暇をとってまで田植えに行かなきゃならんのかわからん


マトモに働いてる会社だったら、一ヶ月の長期休暇なんてとれないのが普通で、人材削減で忙しいのに


どこだってギリギリの人数で動かしている。


まず総務省の役人自ら休みに地方に働きに行けよ、毎週末どこぞの農家の収穫の手伝いに行けよ


盆や正月は介護施設でも行って来い














AMERI [アメリ]|まつげ美容液タリカ(TALIKA)公式 まつ育サービス











モッピー!お金がたまるポイントサイト






人気ブログランキングへ



にほんブログ村






posted by ユーミン at 17:14| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ
にほんブログ村