2016年11月28日

アベノミクス終了

アベノミクス終了・浜田教授の懺悔と黒田総裁の暴走
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6818


11月15日付の日経新聞朝刊を読んだ金融関係者は驚愕した。アベノミクスの理論的支柱である

浜田宏一・エール大名誉教授(80)が金融緩和政策の限界を認めたのだ。

〈私がかつて『デフレは(通貨供給量の少なさに起因する)マネタリーな現象だ』と主張していたのは

事実で、学者として以前言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない〉

金利がゼロに近くなれば量的緩和は効かなくなり、マイナス金利を深掘りすると金融機関の

バランスシートを損ねるという。

「アベノミクスは、第一の矢である金融緩和が肝。第二の矢である財政出動はこれまでもやってきたし、

第三の矢である成長戦略は成果が出ていない。その第一の矢が折れつつあることを提唱者が認めたのです」
(経済部記者)

ある経済学者は「80歳になってもなお学び続け、誤りを認められる浜田先生は学者として誠実な人」

と評価するが、壮大な実験の被験者となってきた国民は浮かばれない。

問題は、“実行犯”である日銀がいまなお失敗を認めず、“逃走”を続けていることだ。

2013年、黒田東彦氏が日銀総裁に就任し「2年程度で2%の物価上昇目標」を掲げたが、

いまだ達成できず、時期を2018年度に先送りした。リフレ派の代表格として副総裁に送り込まれた

岩田規久男氏は、「2年で2%」という目標が達成できない場合は辞職すると公言していたが、その気配はない。

そして、今や黒田総裁は「神になった」(金融関係者)と囁かれている。

11月17日の参院財政金融委員会。黒田氏は、利ざや縮小で金融機関の基礎的な収益力が低下する中、

課題克服には「(経営統合も)一つの選択肢としてあり得る」と指摘したのだ。

これを聞いた地銀幹部が怒る。

「マイナス金利政策で収益力が急減しているのに、経営統合も選択肢とはマッチポンプそのもの。

金利だけでなく、金融機関の経営戦略にまで口出しするとは、日銀は全知全能の神になったのか」

フランケンシュタイン博士の生んだ怪物は、創造主の意図を超え暴走を始めた。

浜田教授の生んだ「異次元緩和」、そして黒田総裁も、なお暴走を続けている。


EJxgeay.jpg


アベノミクス終了・理論的支柱の浜田教授(80)がついに誤りを認め、


"実行犯"日銀は逃走、というわけです。

世界の投資家 ジム・ロジャーズが安倍に成績を付けるとすればF(落第)

・安倍氏は大惨事を起こした人物として歴史に名を残すことになるでしょう

・これから20年後に振り返った時に、彼が日本を崩壊させた人物だと皆が気付くことになるでしょう

・アベノミクスは3本の矢がありますが3本目の矢は日本の背中に向かってくるでしょう

日本を崩壊させることになるでしょう

・紙幣を刷る事と通貨価値を下げることで 経済を回復させることは絶対できない

http://i.imgur.com/L0ha7g2.jpg


「2年で2%」という目標が達成できない場合は辞職すると公言していたが、その気配はない。





























人気ブログランキングへ



にほんブログ村

posted by ユーミン at 17:58| Comment(1) | 話題ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

この先は、資本主義から雇用を守る保護主義だ。

「貯蓄ゼロ」の単身者は2人に1人 アベノミクスの間に急増
http://news.livedoor.com/article/detail/12305698/


「貯蓄ゼロ」単身者は2人に1人 アベノミクスの間に急増

金融資産を保有していない、「貯蓄ゼロ」世帯が増えている。

日本銀行の金融広報中央委員会によると、「金融資産を保有していない」と答えた世帯は、

2人以上の世帯で30.9%、単身者の場合ではじつに48.1%にのぼった。

10年前(2007年)と比べて、2人以上世帯で10.3ポイント増え、単身世帯では18.2ポイントも増えた。

その一方で、金融資産を持っている単身者の平均残高は増えている。

数字のうえでは、安倍政権の経済政策「アベノミクス」が進むうちに、

持てるものと持たざる者の格差が広がった。

「持てる者」と「持たざる者」と

日本銀行の金融広報中央委員会は、「家計の金融動向に関する世論調査 2016年」

(6月17〜7月26日に実施。2500の単身世帯と7808の2人以上世帯が対象、

回答率44.8%)を11月4日に公表した。

それによると、2人以上世帯に「金融資産の有無」を聞いたところ、

「金融資産を保有していない」と答えた世帯は30.9%だった。2015年と比べると横ばいだったものの、

過去最高の2013年(31.0%)とほぼ同じ水準だった。

安倍政権による「アベノミクス」政策がはじまる前の2012年と比べると4.9%増。

じつに3世帯に1世帯が「貯蓄ゼロ」ということになる。

金融資産を保有していない世帯を年齢別でみると、20歳代の世帯では45.3%を占め、ほぼ半分が「貯蓄ゼロ」。

40歳代は35.0%と、3割を超えた。30歳代と50〜70歳代でも、29%程度の世帯が「貯蓄ゼロ」となっている。

一方、単身世帯では、48.1%が「金融資産を保有していない」と回答。

2人に1人が「貯蓄ゼロ」だ。2015年と比べて、0.5ポイント増えた。12年に「貯蓄ゼロ」だった単身世帯は

33.8%だったので、わずか4年で14.3ポイント増と、急激に増えたことがうかがえる。

働きはじめたばかりの20歳代がなかなか貯蓄できないというのはわかるが、

30歳代、40歳代の2人以上世帯となれば、結婚して家庭を築いている人が少なくないはず。

その世代が「貯蓄ゼロ」ということは、将来かかる子どもの教育費や老後への蓄えなどを考えると、

極めて厳しい家計状態といえる。

ちなみに貯蓄の動機づけになっているのは、その子どもの教育費と老後のための資金だ。

金融資産のある単身者は残高増やしている

一方、金融資産を保有している層全体の残高は、世帯によって差が出ている。

2人以上世帯では、2015年の1819万円から1615万円と200万円以上減少した。

アベノミクスの効果で株価による株高が終わったことや、家族の生活費のために資産の取り崩しが

進んだことがうかがえる。

しかし、金融資産を保有する単身世帯の平均残高は1590万円で、15年(1486万円)と比べて

100万円以上も増えている。2人以上の世帯と違い、家族の有無が関係している可能性があるが、

同じ単身者でも、「貯蓄ゼロ」が半数近くいる半面、金融資産を増やしている層もいるという、

格差の拡大を裏付ける数字となった。

こうした結果に、ネットの掲示板やツイッターなどでは、

「まともに仕事してれば貯金はできるはずだけどな。仕事をしてないか、

浪費の多い人が増えてるんじゃないの?」

「所詮、あぶく銭。『悪銭身につかず』とはよく言ったもんだわw」

「アベノミクスだろうがなんだろうが、貧乏人は貧乏のままってことですわ」

「一番儲かったのは 株を底値で買って日経平均が2万円のときに売り抜けた外国人なんですよwww」

といった言葉が投稿されている。非正規雇用の拡大に伴って給与水準が低下している一方で、

アベノミクスの恩恵を受けたとされる富裕層との「格差」が広がっていることを指摘する声が少なくない。


omoi_seikatsuhi.png


貯蓄ゼロ世帯が増えているようで、特に若年層というんだが、給料が安いんだから貯蓄なんか出来ない。


この責任は、アベノミクスガー、というんだが、実はコイズミ時代からです。


延々と続く正社員を非正規に置き換えるという、人件費の節減が原因だ。日本の人件費は世界一、と騙されて、


とにかく人件費を下げろ、下げろが合言葉になり、中国人研修生やら留学生やら、日本人の給料を下げるために


なりふり構わずやって来たわけです。その結果、メデタく輸出が増えたのか?というと、


そんな事はない。ただただデフレが酷くなっただけで。


この問題で、アメリカファーストで大統領になったのが、トランプ米国次期大統領


時代は、資本主義から自国民の雇用をも守る保護主義です。


























人気ブログランキングへ



にほんブログ村

posted by ユーミン at 13:53| Comment(0) | 話題ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

実はあまり好きじゃない「居酒屋おつまみ」

実はあまり好きじゃない「居酒屋おつまみ」1位
http://r25.jp/off/00053901/


年末に向けて始まる忘年会シーズン、大人数で飲みに行く機会も増えてくる。誰かがまとめて料理を頼むこともあるが、注文している際に「それ実はあまり好きじゃないんだけど…」と思った経験のある人は多いのでは? そこで、20〜30代の社会人男性200人に、「定番だけど、実はあまり好きじゃない居酒屋おつまみ」について聞いてみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

●実はあまり好きじゃない「居酒屋おつまみ」TOP10
(12項目のなかから複数選択)

1位 枝豆 30.5%
1位 たこわさ 30.5%
3位 あん肝 24.0%
4位 エイヒレ 23.5%
5位 チャンジャ 20.5%
6位 キムチ 19.0%
7位 漬物 18.5%
8位 ポテトサラダ 14.0%
9位 刺身盛り合わせ 13.0%
10位 フライドポテト 12.5%

※番外
11位 軟骨唐揚げ 11.0%
11位 焼き鳥盛り合わせ 6.5%

おつまみの定番「枝豆」「たこわさ」が同率1位に。ビールにぴったりな品だけに、頼んでしまいがちだが、周りからは「別のモノがよかった」と思われているかも…。


居酒屋のつまみ、というんだが、居酒屋なんてリタイヤしてからほとんど行かないし、

そもそも居酒屋って、マトモな料理でないし、チェーン店となったらますます酷いよね

季節感の無い「一年中同じメニュー」という時点で、話にならない。冷凍だ、と、季節感が失われて行くが

安さと引き換えに美味しさを捨ててるようだな。

居酒屋というのは、サラリーマン時代には「酒を飲みたい」「愚痴を言いたい。のが主旨の客が行くわけで、

そもそもあまり味にうるさくない。廻らない寿司屋とは違うと思う。

行かなくなったのは、ワタミや庄屋的な居酒屋のスタイルに飽きちゃったのもある


























人気ブログランキングへ



にほんブログ村


posted by ユーミン at 14:41| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ
にほんブログ村