2017年04月18日

「家がタダ」で「子育て支援702万円」のスゴイ町って何処なんだ

Infoseekの記事からなだけど

「家がタダ」で「子育て支援702万円」のスゴイ町
https://news.infoseek.co.jp/article/president_21803/


■土地付き住宅を無償で譲与

都心から離れたとしても広い庭付きの家に引っ越したいと思っている人たちが多いはず。

そんな家族に向けて東京都奥多摩町が、15年間以上住み続ければ、土地付き住宅を無償で譲与する

「若者定住応援住宅」の取り組みを進めている。

東京の奥座敷とも呼ばれ、水と緑に恵まれた同町だが、過疎化の進展は深刻だ。現在の人口は約5300人で、

1960年代から右肩下がりが続いている。人口減少率は都内で最も高く、

高齢化比率が48%を超え、約2人に1人が65歳以上なのだ。

町ではJR青梅線の終点である奥多摩から白丸、鳩ノ巣、古里、川井までの5駅の周辺を

「若者定住促進ゾーン」に指定。都内などから移住しても、都心まで片道2時間強での通勤が可能に

なるように配慮した。

応募できるのは、40歳以下の夫婦または50歳以下で中学生以下の子どもがいる世帯など。

申込者のなかから、年齢や家族構成を審査したうえ、面談も交えて選考する。

いうまでもなく、未就学児が複数いる若い夫婦は有利だ。

使用料は15年間の土地と建物の固定資産税評価相当額の2分の1を月割りしたもので、毎月1万円程度になる。

ただし、改修費用として最大200万円が助成され、15年たつと定住祝い金50万円の支給とともに

土地と建物を譲与される。その結果、実質的に無償で住むことができる。

16年度は10月5日から11月15日までの受付期間を設定し、小丹波と梅沢にある2棟で募集した。

無償という魅力もさることながら、申込者が一様に評価するのが、新島室長が「日本一」を自負する、

同町独自の子育て支援の充実度なのだ。保育園は待機児童ゼロで、1子目から保育料、医療費は全額助成。

4歳の子を筆頭に2歳間隔で3人の子どもがいて、町単独の支援策すべてを活用すると、

支援金額は合計で702万9600円にもなる。

hikkoshi_couple.png


「家がタダ」で「子育て支援702万円」のスゴイ町って何処なんだ


東京の奥座敷とも呼ばれ、水と緑に恵まれた奥多摩町だが、過疎化の進展は深刻らしく


奥多摩町内には450軒もの空き家がある。当面は、このうち2割を若者定住応援住宅などで活用していくようで


これからも掘り出しモノの物件が出てくる可能性が高く、関心のある人はウオッチしてほしい。


しかしながら誰でも良いのでなく、応募できるのは、40歳以下の夫婦または50歳以下で


中学生以下の子どもがいる世帯など。申込者のなかから、年齢や家族構成を審査したうえ、


面談も交えて選考するので、未就学児が複数いる若い夫婦は有利なので考えてみれば


何といっても魅力なのは、同町独自の子育て支援の充実度なのだ。保育園は待機児童ゼロで、


1子目から保育料、医療費は全額助成。4歳の子を筆頭に2歳間隔で3人の子どもがいて、


町単独の支援策すべてを活用すると、支援金額は何と合計で702万9600円にもなるから魅力的だ。



初めてロングステイ海外旅行ツアーに参加するなら安心の株式会社.JTB





お得な JR・新幹線+宿泊セットプラン・あなたにおすすめのJR+宿泊特集・新幹線の旅特集



引っ越しの前に値段とサービスを比較して選べるサイト紹介



























人気ブログランキングへ



にほんブログ村

posted by ユーミン at 13:49| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ
にほんブログ村