2017年05月14日

実質賃金、3月は0.8%減 2カ月ぶり減少って給料増えてない

実質賃金、3月は0.8%減 2カ月ぶり減少
毎月勤労統計

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08HHB_Y7A500C1000000/

厚生労働省が9日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除い

た実質賃金は前年同月比0.8%減った。2カ月ぶりに減少した。名目賃金の減少に加えて、消費者物価指数(持

ち家の帰属家賃を除く総合)が上昇し、実質賃金を押し下げた。減少幅は2015年6月(3.0%減)以来1年9カ

月ぶりの大きさだった。厚労省は賃金動向について「基調としては緩やかに増加している」との見方を示した。

基本給や残業代など名目賃金にあたる現金給与総額は0.4%減の27万7512円だった。減少幅は15年6月

(2.5%減)以来の大きさ。内訳をみると、基本給にあたる所定内給与は0.1%減、残業代など所定外給与が

1.7%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与も3.6%減と落ち込んだ。

パートタイム労働者の時間あたり賃金は2.1%増の1097円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

新情勢をむかえる物価動向と賃金問題―賃金の安定上昇と少数精鋭主義 (1969年) -
新情勢をむかえる物価動向と賃金問題―賃金の安定上昇と少数精鋭主義 (1969年) -

【実質賃金】3月は0.8%減、2カ月ぶり減少...減少幅は1年9カ月ぶりの大きさ、

ボーナスなどの特別給与も3.6%減、というわけです。

ネットでは「空前絶後の好景気」って書いてあるんだが、どこの国の事ですかね。

決算賞与が3.6パーセント減という事は、日本の企業の業績が悪いということでしょ

公務員だけが給料上がって行って待遇も良くなっているんだがね

日本人の若人には、海外に活躍の場を見出す人は多いのはそのせいかな?




初めてロングステイ海外旅行ツアーに参加するなら安心の株式会社.JTB





お得な JR・新幹線+宿泊セットプラン・あなたにおすすめのJR+宿泊特集・新幹線の旅特集



引っ越しの前に値段とサービスを比較して選べるサイト紹介



























人気ブログランキングへ



にほんブログ村
posted by ユーミン at 02:08| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ
にほんブログ村