2017年08月08日

50歳までに一度も結婚出来ない生涯未婚率が上昇

ホウドウキョクさんの記事から


なぜ「子どもを育ててこそ一人前」という思い込みに縛られるのか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00010000-houdouk-life&p=1


先日発表された国勢調査に基づいて国立社会保障・人口問題研究所が報告したデータによれば、

2015年の生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%で、男女ともに5年前より3%以上増えている。

特に都市部に住む人は30、40代の未婚者が珍しくないことを実感している人も多いだろう。

そもそも、結婚する・しないは本人たちの問題。結婚しない選択肢が当たり前になりつつある時代に、

なぜ「結婚しないことは悪」といった風潮が依然として存在感を保っているのか。

なぜ自分自身に“呪い”をかけるかのように、そういった思い込みを受け入れてしまうのだろうか

周囲に「結婚しない」「子どもをもたない」という考えの人がいても、

他人なら「そういう考え方もあるよね」と多様な価値観があることは受け入れられることは少なくない。

しかし、それがいざ自分事となると、頭ではわかっているはずなのに、「結婚して当たり前」

「子どもはつくるもの」という従来の価値観に縛られてしまう――。

それによって、自分で自分を追い込んでしまうことがあるというのだ。

「この前、お客さんから『35歳を過ぎて一度も結婚したことがないと、ちょっと“訳アリ”に思ってしまう』

なんて言われたんだよね。今32歳だから、タイムリミットはあと3年だねって……。

彼女がいるし結婚を考えてないわけじゃないんだけど、結婚に縛られなくてもいいかなっていう

気持ちもあるし。だけど、世間的にはそう見られるんだね……」

自分の価値観と現実社会とのかい離、それが“呪い”としてのしかかっているのです。

もし今も当時と同じように、男女の役割分業を前提とした発想や行動パターンは呪いになんてなりませんから」

結婚して夫婦生活を続けることや子どもを育てることには、喜びもありつつも苦難も多々ありますよね。

独身でいることや子どもをもたないことは、相応の社会的責任を果たしていないという思いから、

ラクをしているとみなされる。そこから、俺は重荷を背負ったんだから、

お前だけ軽いのは許せないという考え方になるのではないでしょうか。

極端な例をあげれば、昔は洗濯板で洗濯をしていたのだから、それを使えと言っているようなものです」


homeless_furousya.png


50歳までに一度も結婚しない生涯未婚率が上昇し続けているようで

昔なら恐らく世話焼きさんがいて、世間から見放されている見栄えの悪い人間同士を

こんなものかと結婚してた人が多いはずなんで

「結婚して当たり前」

「子を持って一人前」

という親の価値観に縛られ、自分を追い込んでしまい結婚していたんだが

しかし、世話焼き人が居なくて、核家族で育った奴は考えが自分勝手で

そもそも、結婚する・しないは本人たちの問題だろうが。

結婚しない選択肢もあっても良いだろうと考える者が多いので当たり前になりつつある時代

最近では、結婚出来ないので、なぜ「結婚しないことは悪」はおかしいと言う

結婚や子育ては自由が束縛されると言い訳しバンコクやフィリピンにハゲオヤジの独身の奴が多い

日本で相手してくれる日本人がいないから海外まで嫁探ししている奴がいたりする

モテナイやつは、お金でなんとかしないとね



初めてロングステイ海外旅行ツアーに参加するなら安心の株式会社.JTB





お得な JR・新幹線+宿泊セットプラン・あなたにおすすめのJR+宿泊特集・新幹線の旅特集



引っ越しの前に値段とサービスを比較して選べるサイト紹介


























人気ブログランキングへ



にほんブログ村
posted by ユーミン at 20:27| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ
にほんブログ村