2017年09月21日

コンビニでビットコインを購入出来ます。

ビットコインをコンビニで購入する方法を調べたみた。


ビットコインを購入するには現在では「ビットコイン取引所」を利用するのが一般的らしい。


国内のビットコイン取引所

bitFlyer
coincheck
bitbanktrade
bitbank.cc
Zaif
BITPoint
QUOINEX
GMOコイン
BTCbox
みんなのビットコイン

「ビットコイン(仮想通貨)取引所」というサイトに登録して購入をします。

ビットコイン取引所はネット上で365日24時間開かれております。


上記の取引所を調べ、自身の用途に合わせて選ぶのが良いらしい

取引所を利用する際、まず取引所で口座(アカウント)を作る必要があります。

まずは、bitFlyerhttps://bitflyer.jp/?bf=bb33jjmjのビットコイン取引所でやってみました。

画面で解説をしますが、

ビットコイン取引所のアカウント内に行き「入出金」のページを開きます。

(ちなみにビットコインを購入するので「本人確認」までは行っておきましょう。

20170105161428.png

「入出金」のボタンを選択すると「クイック入金」のページがありますので続いて

そちらのページに移動します。

20170105161813.png


20170105162023.png

入金したい金額を入力し、その後「コンビニから入金する」を選択します。

因みに入金したい金額+324円(手数料)を支払う事になりますので手数料は別で金額を入力してください。


20170105162357.png

自身のお近くのコンビニのロゴが書かれている方を選択します。

20170105163026.png

近くにあるコンビニを選択をすると上記のような番号表示の画面になります

(上図は店頭端末決済を選択した時の画面)のでこの番号をメモして控えましょう。

この番号が支払いの時に必要になります。後はこれを持ってコンビニに行って支払います。

次に支払いの手順も表示されますので初めての方でも安心してお支払いが可能です。

20170105163424.png


ビットコイン取引所で金額が反映されるのを待ちます。

ビットコイン取引所への入金をコンビニで支払う事によって購入が可能になります。

ビットコインはリスクをともないますので正しい知識を入れてから購入するようにしましょう

コンビニ入金にはいくつか注意点もあります。コンビニ入金は多くの取引所が対応していますが、

セブンイレブンから入金することはできません。

どこの取引所でも共通なのでセブンイレブンは社として対応していないのでしょう。

ローソンやファミリーマートなどの大手コンビニは対応しています。

後は手数料がかかる点に注意が必要です。ビットフライヤーでは324円の手数料がかかりますし、

Zaifでは3万円未満378円、3万円以上486円の手数料が発生します。

ただ、手数料は銀行振込でも発生するので気にはならなかった。



国内初!デジタル通貨の積立30%プレゼント!!デジタル通貨なら【フジクリプト】








贈り物やパーティーに♪アニメ・ゲームのプリントケーキ&マカロン






アフェリエイトするならドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】






初めてロングステイ海外旅行ツアーに参加するなら安心の株式会社.JTB





お得な JR・新幹線+宿泊セットプラン・あなたにおすすめのJR+宿泊特集・新幹線の旅特集


























人気ブログランキングへ



にほんブログ村
posted by ユーミン at 18:29| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが分かります。

インターネットの基盤であるIPネットワークは、IPアドレスさえ分かっていればどの端末にも到達できる。

つまり、端末同士が相手のIPアドレスを知っていれば、P2P通信が可能である。

P2Pは、ネットワークに接続されたコンピューター同士が端末装置として対等の立場、

機能で直接通信するものである。

P2Pの仕組みを利用することで簡単に送受信でき、決済手数料も極めて安価なことから、

ネット決済ツールとして日増しに存在感を強める仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」である。

ビットコイン鉱山

一般的なデジタル通貨は、取引所で既存通貨とデジタル通貨を両替することで手に入れられます。

これに対してビットコインの入手経路は、両替所だけではありません。

自らの手で「採掘」することも可能です。

ビットコインはP2Pネットワークで運営されており、

ビットコインを所持する人は"銀行の小さな一片"として機能するため、「分散型通貨」とも称されます。

ではビットコインはどうやって作り出されるのでしょう?

紙幣は、政府がいつどれだけ刷るのか決定します。

これに対して、ビットコインは中央政府を持ちません。

ビットコインでは「miner」という特別なビットコイン"採掘"

ソフトが流通量と発行時期に関する数理的問題を解決しビットコインを造り出します。

ビットコインは、minerの計算によって採掘される量が自動的に調整されるのです。

例えば、採掘する人が少なければ、ビットコインを掘り当てるのにそれほど長い時間はいりません。

しかし多くの人がビットコインを手に入れたい場合には、

採掘するのが困難になり時間がかかる仕組みが採られています。

minerでは初期にはCPUで演算処理をしていましたが、

より速い処理速度を求めてグラフィックボードが使われるようになりました。

その結果発熱量が増大する問題に直面することに。

そこで、ビットコインmining専用チップ「asic」が開発・販売され、

今ではより計算速度を高めつつより省電力化に成功しています。

ビットコインの需要が高まるにつれより多くの人がネットワークに参加する結果、

採掘はより難しくなります。そこで生み出されたのが「プール採掘」システムです。

プールでは、採掘者はチームを結成してビットコインの採掘を協働し、

自身の貢献度に応じてビットコインの分配を受けることができます。

ビットコインは「金(ゴールド)」にたとえるとその性格を理解しやすいと言えます。

金は中央政府によって発行されるわけではありません。

もちろん中央政府がその価値にお墨付きを与えるわけでもありません。

金の価値は、世界中の誰もが「金には価値がある」と考えるから認められるもので、

完全に市場の判断にゆだねられています。

そして、金の埋蔵量には限界があることもその価値を下支えしています。

金と同様に、ビットコインには発行権限を有しビットコインの発行枚数は2100万bitcoin

その価値を担保する中央政府の存在はありません。

そして、ビットコインにはminerとよばれるビットコイン採掘管理ソフトの存在により、

流通量が自動調整され埋蔵量にも限界が設定されています。

そして、その価値が需要と供給の関係によって決定されるのも金市場と同様です。

これはビットコイン1枚あたりの取引相場のチャート。

bitcoin.png

「ウェブゴールド」とでもいうべきビットコインの本来の使い方

ビットコインは分散型のデジタル通貨です。

ビットコインはP2P(インターネット)により個人から個人へ直接送信することができ、

銀行や通貨交換所を通す必要はなし。

これにより、手数料は引く抑えられ、あらゆる国で使え、アカウントを凍結されることもなく、

必要条件も、検閲もありません。

ビットコインは、PCやスマートフォンを持つ人ならば誰でもフリーのアプリケーション

「miner」を使って作り出すことが可能です。

マイニング(採掘)量は自動的にビットコインネットワークによって調整され、

おかげでビットコインの総量の発行枚数は2100万bitcoinと設定され上限が決められています。

ビットコインは、デジタルウォレットに蓄えられ、まるでオンラインバンクのようですが

日本では、まだまだ少ないです。

本来は、ビットコインは簡単に送信でき、電子署名が付けられた状態で暗号化された

情報はビットコインネットワークに送信され、…数分後に認証されれば送信完了、

受け取った人はビットコインを使えるようになります。

取引は匿名情報として永久にネットワーク上に記録されます。

ビットコインソフトは完全なオープンソースで、だれでもコードを確認することが可能。

公平性とセキュリティが担保されています。

日本でも、数多くの取引所も誕生し、すでにドル、ユーロなどさまざまな通貨が

ビットコインへの両替に対応済みです。

受け取るのに費用はかからず、クレジットカードのようなチャージバックとも無縁であるため、

ビットコインはスモールビジネスやフリーランスに非常に有効とされています。

ビットコインは「Bitcoin mining」と呼ばれる"ビットコイン鉱山"から採掘されています。

「採掘される」とはいうものの、ビットコインが存在するのはネット上の仮想空間です。

一般の方は、こんな専門的な事は知らないし、取引場でのレートを見て買うだけですがね。

しかし、専用アプリケーション「miner」によって複雑な数理プログラムを走らせることで、

新たな50枚のビットコインを発掘し、オーナーになることが可能ですよ。

投機マネーがビットコイン市場に流入したため、

近年、その交換価格がバブル的な水準に達しているとの指摘もあり、

わずか1日で取引価格が半値にまで急落するという事もあるのがビットコインです

買われる時はリスクがあるこを考えて購入しましょうね。



国内初!デジタル通貨の積立30%プレゼント!!デジタル通貨なら【フジクリプト】








贈り物やパーティーに♪アニメ・ゲームのプリントケーキ&マカロン






アフェリエイトするならドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】






初めてロングステイ海外旅行ツアーに参加するなら安心の株式会社.JTB





お得な JR・新幹線+宿泊セットプラン・あなたにおすすめのJR+宿泊特集・新幹線の旅特集


























人気ブログランキングへ



にほんブログ村
posted by ユーミン at 04:15| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

リタイヤしたらビットコインを始めよう


「ビットコインとは何か?」一緒に学んでリタイヤ生活が楽しく自由な経済活動を行いましょう。

nenkin_techou_man.png

私は初心者ですので、ビットコインを始める前に知っておいた方がいい事を調べました。

ネット上の新たなお金、「仮想通貨」とは何なのか。円やドルなどと違って、

パソコンやスマホにデータとしてのみ存在します。紙幣や硬貨と違い、形のないお金なんです。

そこで、なぜ今では、仮想通貨はなぜここまで高騰しているんでしょうか。

理由の1つは、取り引きを支えるシステムにあります。

円やドルなどは中央銀行が通貨の発行量をコントロールしています。

しかし、主な仮想通貨には特定の管理者が存在せず、利用者どうしで運営するシステムです。

中央銀行を介さず、国境を越えて自由にお金をやり取りしようというのが、

そもそもの開発の目的だとされています。

管理者がいない代わりに、発行量がプログラムで定められているため、価格が需要に左右されやすく、

急激な高騰も起きやすいというわけなんです。

なぜここまで盛り上がっている?

ビットコインは、売り買い出来るので買う人が多いと高くなり、売る人が多いと安くなる

「相場」というものがあり、損をする可能性があります。

「相場」と聞くと「投資」という言葉を連想すると思います。ビットコインを始める、

という事は「損をする可能性がある」という事を強く認識するべきです。

ですのでまずは「余裕資金」を利用してビットコインを保有することを強く推奨します。

ビットコインの専用アプリを開発したレジュプレスの大塚雄介取締役は、

ビットコインの最大の特徴は送金機能だと言ってます。

送金がなぜ安い?

ビットコインによる送金が格安の理由は、通常の送金システムでは、複数の金融機関を経由するのに対して

ビットコインでは、暗号化されてネット経由で送金が行われるため、原則として費用がかからないのです。

日本の紙幣のお金って日本銀行券で債権ですよね、銀行にお金を授けると銀行に債務があることになる。

ビットコインは国際決済できる金融商品

日本円を欧州の銀行に送金する時は、世界のルールで一度アメリカの銀行を経由してドルに両替して送金する

そうすると手数料が高くなるのでビットコインが流行った

ビットコインにも為替レートがある。今は金と同じで投機商品になった。

しかしビットコインで納税はできませんので。信頼のある日本円に両替して払う

ビットコインで給料払われたら困るよね

しかし昔はグローバル化によってゴールドで物を買っていたのがビットコインで買う

日本にいるとビットコインで物が買える物は限られているので日本では普及しにくいので投機商品なのだ

そこで日本では仮想通貨規制法案が出来た。

2016年3月4日には利用者の保護、不正利用防止を目的に仮想通貨規制法案が閣議決定されました。

資金決済法の改正案では、仮想通貨の売買・交換業者を登録制にし、

さらに定期的な監査が義務付けられます。


国内初!デジタル通貨の積立30%プレゼント!!デジタル通貨なら【フジクリプト】








贈り物やパーティーに♪アニメ・ゲームのプリントケーキ&マカロン






アフェリエイトするならドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】






初めてロングステイ海外旅行ツアーに参加するなら安心の株式会社.JTB





お得な JR・新幹線+宿泊セットプラン・あなたにおすすめのJR+宿泊特集・新幹線の旅特集


























人気ブログランキングへ



にほんブログ村
posted by ユーミン at 02:24| Comment(0) | セミリタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ
にほんブログ村